FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を観る素敵な時間

tumblr_m57jkofXmP1rpnl1mo1_1280.jpg

最近はちょっと創作の方のテーマが迷子になってしまって、なかなか創作が難航していて、あれやこれやの試行錯誤です。今日は公募ガイドを読んで、モチベーションをあげていました笑

最近ようやっとTSUTAYAの会員カードを作ってしまいました。TSUTAYAはなぜか会員カードを作るのが厳しくて、身分証明証のほかに公共料金の支払いの手紙が必要なので、それが嫌で長年作っていなかったのですが、この前とうとう作ってしまいました。それがきっかけで映画熱が再燃しました。最近見た映画のちょっとした感想でも。


・ピアニスト
わたしがTSUTAYAの会員カードを作るきっかけとなった映画です。友人に「キミは是非見るべきだ」と強く薦められたのがこの映画です。痛々しい描写もたくさんあったのですが、この主人公の女性には共感するところがたくさんありました。この作品がきっかけでミヒャエル・ハネケという監督に興味を持ちました。

・ファニーゲーム
ミヒャエル・ハネケ監督の映画です。これはこれで痛々しい描写がたくさんあるのですが笑 わたしはメタ構造の物語が好きなのでこれはドンピシャでした。「物語」そのものを考えさせてくれる映画です。ハネケという人は長回しを多用する人で、映画というのは時間芸術なのだなあと改めて思わされました。

・隠された記憶
これまたミヒャエル・ハネケ監督の映画です笑 これは現代のフランス史を題材にしている部分もあって分かりにくいところもあったのですが、それでも面白かったです。冒頭に自分の家を盗撮したビデオテープが送られてくる場面があるのですが、見ている者と見られる者の関係が逆転するところがとても面白く、写真にも関連付けて考えられるなあと思いました。

・Jackass 3
MTVの過激なおバカ映画です。映画というよりもドッキリ映像に近いかも。どの映画にも言えることですが、3D上映になるとなぜか飛び出す描写が多くなりますね。
それにしてもジョニーノックスビルが少し老けていたのが、時間の流れを感じさせられました。


・トランスフォーマー3 ダークサイドムーン
3時間ぐらいある映画なのですが、ぼけーっと見ていられる良い映画です。トランスフォーマーを撮っている監督さんはマイケル・ベイというのですが、娯楽映画を作るのが上手い人で、今回の3は完結編ということで、前作以上にシナリオもアクションも格闘シーンも格段にスケールアップしてまさにメガ盛り笑

・17歳のカルテ
前々から見たいと思っていたのですが、たまたま見かけたのでこの機会に。精神病院に入れられた女の子の話なのですが、自分が思っていた以上に共感しました。最近研究しているダイアン・アーバスの環境にも似ているところもあってとても参考になりました。

・ブラックスワン
ピアニストと一緒に見ると良いと言われたので見てみました笑 ダーレンアロノフスキーはとても頭の良い監督なんだなと思いました。鏡が写るシーンが多くカメラが写ってしまわないかとハラハラしたのは写真をやっているからですね笑 映像も音楽も素敵でした。

・レスラー
これもブラックスワンと同じダーレンアロノフスキーの映画なのですが、ブラックスワンを男でやってみたという感じの映画でした。これはかつて人気のレスラーが年老いて心臓の病気でリングに立てなくなる映画なのですが、生活のためにスーパーの惣菜コーナーで働く姿や、だんだんと自暴自棄になっていく姿はとても痛々しく、見終わったあとしばらく呆然としちゃいました笑
ハネケのピアニストと、ブラックスワンとレスラーは共通してるテーマがあるのでぜひ1セットで見てください笑

・クローバーフィールド
昔から擬似ドキュメンタリーモノが好きでブレアウィッチプロジェクトとかパラノーマルアクティビティとかとても好きだったのですが、これは正体不明の怪獣がニューヨークに襲来したものを民間人が撮影したという設定の映画です。恐らくニューヨーク同時多発テロを意識して作ったのだろうと思いますが、今見ると震災を意識せざるを得ませんでした。自由の女神の頭が街頭に降ってきたシーンでケータイのカメラで撮影を始めるシーンがあったのですが、とても象徴的だったと思います。

・インセプション
ディカプリオってどの映画でもびしょびしょに濡れている気がします。今作では冒頭から海に打ち上げられてました笑 それはそうと、夢を題材にとても面白いアイディアだなと思いました。映像も不思議で目を惹きました。

・メメント
インセプションの監督のクリストファーノーラン繋がりで観てみたのですが、これは面白い。時間軸を弄っているので追うのが難しいのですが、クリストファーノーランの表現しようとしているテーマはとても興味深いです。インセプションでもそうでしたが、脳の機能を使った不可解さが不気味でもあり、神秘的でもあると思います。


・THE 4TH KIND
モキュメンタリーモノということで観てみたのですが、顔芸でした笑


にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackback

まとめtyaiました【映画を観る素敵な時間】
最近はちょっと創作の方のテーマが迷子になってしまって、なかなか創作が難航していて、あれやこれやの試行錯誤です。今日は公募ガイドを読んで、モチベーションをあげていました笑...
2012.06.09 13:59 | まとめwoネタ速neo
Trackback URL
http://tokyokansatsu.blog.fc2.com/tb.php/61-95e3fcf2

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

はじめ

Author:はじめ
わたしが撮った写真をひたすらアップするブログをやってます。 前々から写真ブログをやってみたくて、重い腰をあげて、やっと始めてみました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。